<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

家の金を持ち出す ~ 家内の助言を無視する

12/20の週から、事態は泥沼化していく。

手帳2 ← 12/20の週

手帳4 ← 12/20前後に書いたであろメモ

12/20は、給料日。

私は職場にいると、家内から一本の電話が掛かってきた。
スッゴイ(銀行口座から)引かれているけど、どうなっているの!?」

私は、野原の(不安を抱えつつも)言葉を信じていたため、一週間だけ持ち堪えればいいと思っていた。
家内は、続けていう。
100万円近くも! だよ」
エライ剣幕になっていた。
「一週間だけ、貸して。一週間したら、絶対返すから。」
もう、私には後がなかった。
「絶対だよねッ。」
「ああ、絶対だ。」

この時の電話は、ここまで。

この日も、ライセンスの野原と電話をしていた記憶がある。
そんな私を見かねてか、私を問いただしてきたのは家内だった。

帰宅した私に、追求してきた。
「あれ(お金)は、どうしたの?」
私は、口を濁らせながら
「投資の話があった。」
「本当に、大丈夫なんだろうね。」
「ああ。」 少々トーンダウン。

家内は、一冊の冊子を差し出した。
「ここの消費者センターに、相談してみてよ。騙されているんじゃあ、ないの?」
私は、無言で受け取った。
だが、その行為とは裏腹に、まさか自分が騙されているとは思うもよらなかったので、何もしなかった。


この後、事態は、更に悪化して往く!!




次へ進む >>>> 更に増額要請! 何故か私の責任を押し付けられた

【ワンポイントアドバイス】
あなたのパートナーは、貴方の左脳と同じ働きをしてくれます。 → 論理的な助言してくれます。
そして、最も貴方を理解している人です。

謙虚さを保って、事の次第を話してみましょう。

| 電話編 | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://umasagi.blog.fc2.com/tb.php/15-22c0677b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。